カテゴリ:旅行( 20 )
北海道旅行 釧路編その2

駅前の和商市場でBBQの材料を買出しに。

c0068170_0394399.jpgc0068170_0395828.jpg
このブヨブヨした顔の怖い魚はカジカ。釣れても捨ててしまう人もいる下魚だが、汁物に入れるととてもいいダシが出る。

More!
[PR]
by maiko425 | 2005-05-06 01:04 | 旅行
北海道旅行 釧路編その1
c0068170_224660.jpg
釧路へ向かう飛行機は小さなプロペラ機。乗員推定30人。

More!
[PR]
by maiko425 | 2005-05-05 22:47 | 旅行
北海道旅行 函館編
旦那の実家が北海道の釧路なので、GWの帰省をかねつつ、函館に寄ってきました。


c0068170_14481181.jpgc0068170_14485298.jpg
函館には住む彼の高校時代の友人に連れられて、夜は地物の魚介類に舌鼓。左の活イカはしばらく生きているほど新鮮! おかげでお酒がすすみ、翌日は久々に恐ろしい二日酔いで迎えるはめに。

More!
[PR]
by maiko425 | 2005-05-05 15:54 | 旅行
最終日@PARIS→日本へ

c0068170_18334621.jpg■リュクサンブール公園へ

10日間の旅は長いようで短く、ついに帰国する日がやってきてしまった。

午前中にはホテルをチェックアウトしたが、帰りの飛行機は18:00なので、荷物をホテルに預け、昼すぎまではパリの街を散策することに。

もっと読む
[PR]
by maiko425 | 2005-04-16 18:51 | 旅行
9日目@PARIS その2

c0068170_22443568.jpg
■気になる関係

エッフェル塔にはもう何度か上っている。「ちゃっちゃと上って早く帰ろう」なんて密かに思っていたら、夜だというのに入場券の販売窓口には長蛇の列。とても早く終わりそうにはない。

みんな近隣諸国から来てるのかしら・・・と、ぼんやり周りを眺めていると、我々の前にいた白人女性が目にとまった。

小さな顔、手入れの施された金色の長い髪、上品な白いウールのコート。胸元にはゴージャスな首飾りがキラキラと輝いている。欧米人にしては可愛らしい顔立ちで、歳は30代前半くらい。

彼女の隣にいる銀髪の男性は、ぐっと年上の50代といったところ。ポロシャツにセーターとコットンパンツという格好ながら、やはり上品さが漂っている。アメリカ人(おそらく)でこんなにキレイな身なりをしている男性は、ゲイか本当のお金持ちだが、恐らく後者だろう。

もっと読む
[PR]
by maiko425 | 2005-04-13 22:58 | 旅行
9日目@PARIS その1

c0068170_23103555.jpg■新婚旅行ですが・・・

前の晩少々飲みすぎたせいか、不思議な夢を見た。夢の中で、どういう経緯なのかは不明だけれど、私はブラッド・ピットの命を救ったということになっている。しかもそれがきっかけで彼とは仲良しなのだ。

「まあでも、あなたとは住む世界が違うからね・・・」と私が言うと彼は「そんなことは言わないでくれ。これからもずっと一緒だ」などと言い・・・。

・・・残念ながらそれ以上の発展はないまま目が覚めた。ちぇ。

ちょっと悔しかったので旦那に「ブラピの夢見たんだー」と報告すると、彼は「僕はねー、井上和香(グラビア・アイドル)と友達になる夢見たよ!」と嬉しそうに話す。

新婚旅行で現実逃避する我々夫婦。いいのかしら・・・。

もっと読む
[PR]
by maiko425 | 2005-04-11 23:19 | 旅行
8日目@PARIS

■ルーブルは広い

c0068170_1414950.jpg「パリに来たことはあるけどルーブルは見たことがない」という奇特な旦那のために、この日はルーブル美術館へ行くことに。

天気もいいことだし、ホテルからルーブルまでブラブラ歩こうか、などと言っていたらあちこち寄っている間にお昼を過ぎてしまった。とりあえず腹ごしらえをして、いざルーブルへ。

ルーブルは広い。

まず敷地に入ったところから、あのピラミッド型の入口にたどり着くまでが長い。入ったら入ったで美術品の展示されている回廊は恐ろしく長く、しかも館内地図を見て進んでも、ところどころ閉鎖されていたり工事中だったりして、余計に歩く羽目になるのだ。

もっと読む
[PR]
by maiko425 | 2005-04-11 02:20 | 旅行
7日目@BRUXELLES→PARIS その2

■再び、ここはどこ?

c0068170_2252498.jpg夕暮れのベルギーからフランスへひた走るタリス。うとうとしている内に、パリ北駅に着く。

目的のホテルはRERというパリ郊外から市内を結ぶ路線で北駅から1本で行ける駅から歩いてすぐのところだ。目的の駅に着き、地上へ出た我々は、住所からサイトで調べた地図を見ながらホテルへ向かう・・・が、それらしきホテルが一向に見当たらない。

薄暗い街頭が照らすパリの裏道を、重たい(私のが15kg、旦那のが25kgくらいあった)スーツケースを引きずって途方にくれていると、一人の男性が見かねて声をかけてくれた。

"Perdue? (迷ったの?)"

日本人の基準からはあまりマジメそうに見えなかったが、この際贅沢は言えまい。事情を説明してホテルの住所の書いた紙を見せると、その男性「あちゃー」という表情をした後、言い含めるように話し始める。

もっと読む!
[PR]
by maiko425 | 2005-04-04 22:53 | 旅行
7日目@BRUXELLES→PARIS その1

■ムール貝を食べに、列車でGO!

c0068170_20363277.jpg本日の最終目的地はパリ。でもせっかくだから、ベルギー名物のムール貝も食べたい! というわけで、特急タリスでアムスを発ち、途中ベルギーに立ち寄ってからパリへ向かうことにした。

早朝のアムスを出て約2時間。爆睡している間にBruxellesに到着。ほんの2時間の移動なのに、景色がガラリと変わっている。とりあえずランチを食べることにして、目当てのレストラン街へ。

もっと読む
[PR]
by maiko425 | 2005-04-04 20:50 | 旅行
6日目@AMSTERDAM その2

■オランダ観光、そして旦那3回転

c0068170_1233767.jpgさて、考えたら観光らしきことは何一つしていない。オランダといえばレンブラントとゴッホだが、旦那はいまいち興味がなさそうなため、とりあえず手っ取り早くて楽チンな「アムステルダム運河めぐりツアー」に参加することにした。

アムステルダム市内には網目のように運河が通っている。ツアーではここをめぐりつつ、運河沿いの古い建物を見て回るのだ。が、残念ながら説明が日本語ではないため(当たり前だけど)旦那は早くも飽きて居眠りまで始める始末。

その後、若者のショッピング通りであるKalva Straatなどを歩いてみるが、疲れて段々無口になる二人。やばい、これではあのロンドンの二の舞ではないか。

もっと読む!
[PR]
by maiko425 | 2005-04-04 01:41 | 旅行