映画三昧の週末
金曜日の夜から3本の映画を見たので、面白かった順にご紹介。

c0068170_0113191.jpg恋愛適齢期

ダイアン・キートン演じる劇作家が、娘のExボーイフレンドであるプレイボーイ(死語?)ジャック・ニコルソンと、若い医師キアヌ・リーブスに言い寄られるラブ・コメディ。仕事は順調、海辺に別荘があって、優しい娘がいて、歳は歳だけど自身もキレイで、魅力的な男性二人に同時に好かれる・・・なんてあり得ない設定だけど、ダイアン・キートンがとにかく可愛いらしいので許そう。夫婦やカップルで見たらきっと楽しい1本(ま、私はひとりで見ましたけど)。

c0068170_0123338.jpgロマンシング・ストーン

先日夜中に見始めたものの、途中で寝てしまったのでDVDを借りてきた。確か10代の頃映画館で見て、マイケル・ダグラスかっこいい!なんて思ったんだよねーあの頃のマイケル・ダグラスは今みたいにイヤラシクなかったし、なんて思っていたら、昔見たのはこの続編ナイルの宝石の方だったことが判明。しかもマイケル・ダグラスは昔も今同様、十分イヤラシかった。彼がぴたぴたのパンタロン(!)をはいて踊るシーンをはじめ、もはやストーリーとはあまり関係なく見所満載の映画。

c0068170_0125959.jpg姑獲鳥の夏

期待して映画館に見に行ったらあまりにあんまりな出来でがっくり。話も役者さんもいいのに、ことあるごとに画面がぐるんぐるん回転し、妖怪・姑獲鳥が実写で(クエーッ!バサバサッ!)出てくる。その後行った居酒屋で、酔っ払って尻餅ついたのはあの変なカメラワークのせいだな、うん。見に行かれる方は、画面を見つめすぎないようご注意ください。

[PR]
by maiko425 | 2005-07-24 23:01 | 今日のできごと
<< 引っ越しました 引越しを検討中 >>